TOEICのリスニングPART3、4を攻略するコツはこれだけ!

どーも、ひまお(@himanarikei)です。

今回はTOEICのリスニングの最大の関門でもあるpart3、4の攻略について書いていきます。

Part3、Part4で8割を取るには、長文が流れてきて瞬時に意味を理解しながら、選択肢の解答を選ばなければなりません。

つまり、問題文を聞く前にある程度選択肢の解答を理解しておく必要があります。

これが先読みで、前回のPart1,Part2対策の時にもご紹介しました。

あわせて読みたい

TOEICのPart1,Part2対策!確実に8割を狙う方法

今回は、それらの先読みをした上でどのように問題に取り組んでいくのかを紹介します。

これらの方法をマスターすることでPart3,Part4で8割を安定して取れるようになってきます。

頑張っていきましょう! 

TOEICのPart3、Part4の対策

part3、4は、1つにつき30秒ほどの会話文が流れ、設問が3つあります。

part2が終わると約30秒ほどのpart3の説明文が流れます。

この間に、2つの問題(設問で言うと、41〜43、44〜46)の問題文と選択肢に再度目を通しておきましょう。

part1、part2の説明文の間には図表問題を優先して先読みしてきました。

ここでは、次に来る2問だけに集中して

何を聞かれ、

どんな選択肢があり

そこから読み取れる会話の内容

を熟読しましょう。

まぁ、しかし実際聞かれる内容はほとんどこんなパターンです。

1.この会話はどこで行われているか?

2.男性は何を要求したか?

3.女性は何を提案したか?

そして、part3、4を解く上で最も重要だと思うのが、解き方です!

まず、問題が始まったら、最初の5秒くらいで1問目の答えが話されます。

今回のパターンですと、例えば、事前に読んだ選択肢が

1.レストラン

2.図書館

3.ミュージアム

4.駅

の場合、この中から聞こえた単語があったらそれです。

答えがわかったらその番号を左手の中指で押さえときます。

次に、10〜15秒目くらいに2問目の答えが話されます。

これも同様にわかったら番号を左手の人指し指で押さえます。

最後の3問目は20〜25秒目に話され、わかったら、番号を左手の親指で押さえます。

そして問題文が終了すると、設問の文章が順番に読まれます。

この間に左手で押さえていた番号をマークシートにチェックしてください。(塗りつぶしは時間がかかるため)。

目標は1問目の文章が読み終わる頃にチェックを終えて、2、3問目の文章が読まれてる間に次の問題の設問、選択肢を先読み出来るようになることです。

このペースを絶対に崩さないようにしてください。

例えば、問題が上手く聞き取れなくて、答えがわからなかった場合はその問題は捨てて適当な番号にチェックしてください。

なぜなら1問を時間かけて解くより、次の3問を先読みして余裕を持つ方が圧倒的に高得点に繋がるからです。

特に、Part3、Part4で新形式から新しく追加されたimply問題と図表問題は全体的に正答率が低いので、ここを取ることが出来れば、点数を大きく上げることが可能です。

TOEIC Part3、Part4のimply問題の対策

imply問題というのは、例えば問題文が

1.What does the speaker imply when she says,”But this is Santiago Diaz we’re talking about”?

の場合の選択肢は

(A)She has never heard of Santiago Diaz.

(B)She had previously mentioned the wrong name.

(C)Santiago Diaz is very famous.

(D)Santiago Diaz will be interviewed next.

となり、

問題文を先読みしたうえで設問から解答のパターンを想像し、実際の設問でそのパターンに近い解答を見つけ出すという作業が必要になります。

これは結構難しいので最初のうちは解けなくても気にしなくて大丈夫です。

図表問題に関しては、part1、part2の時点で先読みが出来ていれば難しくありません。

気楽に解いていきましょう。

まとめ

今回は、TOEICのリスニングの得点源となるpart3とpart4の対策について紹介しました。

今回の内容を簡単にまとめると、part3、4対策は

1.常に1問先の問題を先読みして余裕を持つ。

2.問題がわからなかったらその問題は捨てて次の問題を先読み。

3.答えがわかったら、塗りつぶしじゃなくてチェックだけ。(塗りつぶしはリスニングが全部終わってから!)

4.新形式から追加されたimply問題は慣れるまで解けなくても気にしない

この4つの方針を守るように意識して、公式問題集を何回も解いてください!

最初は慣れなくて難しいと思いますが、10セットくらい解くと慣れてスラスラ解けるようになります!

以上でリスニング対策は終了です。

次回から、リーディング編に移りたいと思います。

リーディングの文法問題が苦手な方はこちらの記事をご覧ください。

あわせて読みたい

TOEICのPART5、6対策!文法問題で8割を取るコツとは?