理系男子は出会いがない?理系院生が本当に出会えたアプリ4選!

どーも、ひまお(@himanarikei)です。

今回は理系男子が出会うためにどうすれば良いのかについて考えていきます。

理系と言えば出会いがないということで有名ですよね~

僕の大学でもほとんどが男子で女子は1割程度しかいません。

また、学生生活も文系の学生と比べて勉強が忙しくあまり、恋愛に対して考える時間を持てないということも考えられます。

しかし、一度しかない自由な学生生活で恋愛をしてみたいですよね。

僕も入学時からずっと悩んでて、どうすれば良いか考え続けました。

今回は理系男子の私からみた理想的な恋人の見つけ方は何だろうかということについて紹介していきたいと思います。

理系男子の出会いとは?

その前にまず一般的な出会いとはどういうものでしょうか?

皆さんも今まで女性と恋愛をされてきたことがあると思うのですが、恐らくは同じコミュニティ内で出会いがあったのではないでしょうか?

まず、鉄板の出会い場として大学がありますが、理系の学生はそもそも学校に女子の数が圧倒的に少ないです!

そんな中、行動力のある男性はサークルアルバイト先で相手を見つけますが、別れた際にお互いが気まずくなるという問題があります(僕の体験談)。

そこで、僕がおすすめするのはコミュニティ外で相手を見つけることです。

具体的には、合コン、街コン、相席居酒屋、ナンパなどがありますが、僕がおすすめする方法はナンパです。

なぜナンパをお勧めするかといいますと、ナンパのメリットとして

。お金があまりかからない(合コンや街コンは男性が多めに払う)

2。メンタルが鍛えられる(基本的には初対面の人と1対1で話し合うため)

3。自分の好みの女性にアタックできる(合コンや相席屋などでの外れがない)

といったものがあげられます。

また、理系男子というものは実験で失敗をすることに慣れているため、女性に振られてもすぐに立ち直れる傾向があると信じています(笑)

僕の好きな言葉の中に「絶対に失敗しない方法は挑戦しないことだ」というものがあります。

つまり、嫌われることを恐れて女性にアタックしない限り傷つくことはありませんが、同時に自分が成長するということもありません。

そんな中で僕は自分を成長させたいという想いからナンパを始めてみようと決意しました。

今までに色んなナンパの種類を試してきたので紹介していきます。

ナンパの種類

ナンパにも種類があり、ハードルの低い方から

1ネトナン(ネットナンパ)(マッチングサービスなどを使って同じ趣味の人と出会う)

2クラナン・バーナン(クラブ・バーナンパ)(クラブやバーで酔っている女性にアプローチする)

3ストナン(ストリートナンパ)(道端で女性にアプローチする)

まずは、ナンパなんてやったことないから不安だよという方にはハードルの低いネトナンをお勧めします。

最近では、渋谷などにも大きく看板でマッチングサービスが宣伝されていたり、SNSなどで盛んにシェアされていますよね。

確かに、僕も今までに数えきれないほどのマッチングサービスを使ってきて、中には全然出会えないアプリもいくつかありました。

あわせて読みたい

【体験談】無料のポイント制の出会い系が出会えないのに評判な理由

ですが、その中で僕が本当に使ってみて出会えたサービスとしてはTinderペアーズ、with、タップル誕生というものがあります。

具体的なそれぞれのアプリの特徴を紹介していきます。

本当に出会えたマッチングアプリ4選

1. Tinder

Tinder
Tinder
開発元:Tinder Inc.
無料
posted with アプリーチ

基本無料

・1日120人の女性にいいねが送れる(相手に通知はいかない)

・相手もいいねを送ったらマッチング成立

・レベルの高い若くて可愛い子が多い

・イケメンがめちゃくちゃ多いため写真の印象が最も大事

基本無料なため、ライバルが多くマッチングが難しい

・有料版に課金すると、様々なサービスが受けられマッチング率が上がる

あわせて読みたい

【無料】マッチングアプリTinderを使って実際に会えるのか?

2. ペアーズ

基本有料(月額2000円〜)

・毎月いいねを付与されて自分が相手にいいねを送ると相手に通知がいく

・Tinderよりも真剣な恋愛を求めている方が多い

・写真の印象よりもプロフィールがしっかり書かれているかが大事。

Tinderよりもマッチングしやすい

・年齢層は他のアプリと比較すると少し高め

実際にペアーズの使い方を知りたい方はこちらの記事を読んでみてください。

あわせて読みたい

出会いのない理系男子必見!マッチングアプリペアーズの使い方を紹介します

3. タップル誕生

基本有料(月額3000円〜)

・Tinderの日本版のイメージ

・毎日20枚のカードを付与されてランダムに表示される相手にいいねを送る(Tinderと同じ)

・Tinderと同様に暇つぶしや軽い恋愛を求めている方が多い

・写真の印象が重要!

・マッチング率は他のどのアプリよりもダントツで高い

・年齢層は若い子が多い

あわせて読みたい

【マッチングアプリ】タップルが一番出会えるって本当?1ヶ月使ってみました!

4. with

基本有料(月額2000円〜)

・ペアーズの後追いで最近人気が出てきた相性診断によるマッチングアプリ

・毎月いいねを付与されて自分が相手にいいねを送ると相手に通知がいく(ペアーズと同じ)

・ペアーズよりも若い子が多く軽い恋愛(友達関係)を求めている方が多い

・写真の印象よりもプロフィールがしっかり書かれているかが大事。

ペアーズよりも会員数は少ないが、マッチングしやすい

・相性診断が合う子には毎日無料で10通のメッセージ付きいいねを送れる

あわせて読みたい

マッチングアプリwithを1ヶ月使ってみた!ペアーズとの比較は?

まとめ

今回は、理系院生の僕が実際に使って出会えることができたマッチングアプリを紹介しました。

今の時代は、スマホでいつでもどこでも繋がれる時代なので積極的にこのようなアプリを利用していった方が良いと思います。

実際に僕もこれらのアプリを利用して、普通の学生生活では出会えなかったであろう女性の方とも出会うことができています。

そういった意味で、日々新しい出会いや刺激を求めている方、特に僕のような出会いの少ない理系学生なんかはぜひ積極的に使ってみてはいかがでしょうか?

各アプリのそれぞれの詳細な特徴に関して比較しましたので、気になる方はこちらの記事もどうぞ〜

あわせて読みたい

マッチングアプリってどれが出会えるの?料金・マッチ率・会員層比較まとめ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です