【無料】Pythonでペアーズの自動足跡ツール自作してみた

どーも、ひまお(@himanarikei)です。

前回、PythonでTinderの簡単な自動化アプリを紹介しましたが、今回は、ペアーズで足跡を手動で毎回つけるのが面倒くさかったんで、無料で自動足跡ツールを自作しました。

あわせて読みたい

【初心者必見】PythonでTinder自動化アプリの作り方

プログラミングに興味がある人、やったことないけどやってみたいという人はぜひ今回の記事を参考にして試してもらえると嬉しいです。

ペアーズで足跡をつけることの重要性

ペアーズなどの有料のマッチングアプリでの多くは自分がいいねを付けられる回数が決められています。

これらの仕様から、自分に興味を持ってくれている人に対していいねをつけることが、いいねの無駄遣いを防止する上でもっとも効果的だと考えられています。

そこで男性の場合、足跡を付けてくれている人というのは、少なくとも自分に興味を持ってくれているという女性側のサインを示しているため、足跡をつけられた人に対していいねを送るとマッチングが成立しやすいです。

女性の場合も、自分に足跡をつけてくれた男性の中から気になった男性を選んで足跡をつけていくので、男性の場合は一人でも多くの女性に足跡をつけることが重要になってきます。

そこで、手動でスワイプして足跡をつけていくのは非常にしんどいので自動足跡ツールが役に立つのです。

今回は、簡単なプログラミングでこの機能を実装していきたいと思います。

開発環境(Mac)

・macOS Sierra 10.12.2

・Python 3.6.2

・Selenium

・Atom(エディタ)

環境構築

今回もpythonで開発を行なっていきます。

環境構築に関しては、下の記事を参考にしてください。

あわせて読みたい

【初心者必見】PythonでTinder自動化アプリの作り方

Pythonでペアーズ自動足跡機能を実装する

1.Seleniumとchromedriverをインストールする

上のサイトを参考にして、SeleniumというPythonでブラウザの自動でブラウザを操作するためのライブラリをダウンロードしてきます。

また、今回はGoogle chromeを操作するため、下のサイトからchromedriverというものもダウンロードしてきます。

今回は、デスクトップ上にpairsというフォルダを作り、そこにダウンロードしたファイル(chrome driver)を置くことにします。

そして、pairs.pyというファイルを作ってpairsフォルダに入れておきます。

これで準備は完了です。

2.Pythonプログラムを書いていく

今回のアルゴリズムとしては、

1.Facebookに手動でログインする

2.Facebookページからペアーズのログインページに遷移する

3.ペアーズにログインしてトップページが表示されたら、検索条件を手動で指定する。

4.検索条件を指定したら、一人目のプロフィールへ遷移してランダムな時間で次の人へ遷移

5.4の遷移を1000人繰り返したら終了

先ほど作ったペアーズ.pyというファイルに以下のようなコードを書いていきます。

import os
import time
import random
import sys
from selenium import webdriver
from selenium.webdriver.common.keys import Keys
from selenium.webdriver.support.ui import WebDriverWait
from selenium.webdriver.support import expected_conditions
from selenium.webdriver.common.by import By
I=1
#自動ログイン開始
chro = webdriver.Chrome('./chromedriver')
chro.get("https://www.facebook.org")
assert "Facebook" in chro.title
#Facebookページ遷移〜ペアーズログインページ遷移
key = input('Facebookにログインしたらyを押してください')
if key == "y":
    chro.get("https://pairs.lv/#/login")
    time.sleep(1)
#ペアーズのトップページが表示されて検索条件を指定したら自動足跡開始    
key = input('pairsのトップページが出たらyを押してください')
if key == "y":
    src= "https://pairs.lv/#/search/one/%s"%str(I)
    chro.get(src)
    time.sleep(random.randint(5,10))
#1000人に到達するまで繰り返す(足跡間隔はランダムで5〜10秒の間)   
while I < 1000:
    I=I+1
    src= "https://pairs.lv/#/search/one/%s"%str(I)
    chro.get(src)
    print(str(I))
    time.sleep(random.randint(5,10))
else:
    print("1000人に足跡を付けました")
    chro.close()
#1000人に到達したらプログラムを終了

以上でプログラムのコードは終了です。

とっても簡単ですね。

3.Pythonプログラムを実行していく

ターミナルを開いて、以下のコマンドを入力します。

cd Desktop/pairs/

これでデスクトップのpairs フォルダに移動します

python pairs.py

そして、pairs.pyファイルを実行します

すると、ターミナルが開いてchromeブラウザが自動的に立ち上がり処理が始まっていきます。ターミナルの画面にキー入力の受付が出たらそこでキーを入力すれば処理が進んでいきます。

もし実行した際にエラーが出たら、そのエラー文をコピーして検索すれば誰かが解決策を提案してくれていることが多いのでこちらも前回の記事と同様に頑張ってエラーを直していきましょう。

まとめ

今回は、Pythonを使ってペアーズで自動足跡機能を実装しました。

調べてみたら、ペアーズの自動足跡ツールって結構高額で販売されているんですね。

プログラミングを少しでもかじったことがある人なら簡単に実装できちゃうので、お金がないけど自動足跡ツールが欲しいという方は頑張って自作してみるのもありかと思います。

全くパソコンを使わない、プログラミングをやったことがないという方は大人しく売られている製品版を購入した方が時間的に考えてもお得だと思います。

僕自身もプログラミングは全然得意ではなかったのですが、2〜3日で今回の簡単な機能の実装まで出来ました。

ただ、最近ペアーズの運営が自動ツールに対して厳しく取り締まっているらしいのであくまでやる際には自己責任でお願いします。

あわせて読みたい

【モテない方必見】ペアーズで出会った子とエッチしていて気がついたこと