就活ナンパにおすすめ!Meets Companyで恋人と内定をGET!

どーも、ひまお(@himanarikei)です。

今回は、就活ナンパについての記事を書いていこうと思います。

すでに多くの学生が気付いているかもしれませんが、就活は最大の出会いの場です。

僕も、就活が早く終わったので色々な業界の説明会に参加して女の子の連絡先をいくつかゲットしていました。

この記事では、なぜ就活が出会いの場に適しているのか、また自分が説明会などに参加する際に使っていたおすすめのサービスなどを紹介していきます。

就活はなぜ、出会いの場なのか?

最初に、就活は最大の出会いの場と申しました。

なぜ、このようなことが言えるかというと僕個人の考えとしては、以下の3点があります。

1.全国から多くの学生が集まる

2.全員年齢が近くて話しやすく、就活という共通の話題がある

3.グループワークなどで親密になりやすい

順番に説明していきます。

1.全国から多くの学生が集まる

就活は、全国から東京に学生が集まります。

特に地方から東京に出てきた子とかは、東京に慣れていなく不安な点が多いです。

そういう子は、説明会などに来る際にもキャリーバッグを持ってきているので一目でわかりますので「バッグ重そうだね〜、どこから来たんですか〜」といった感じで話しかけると割と反応が良いパターンが多いです。

また、遠い場所から来ている子だけでなく、自分の大学以外の子と大量に会える場であり気になった子に話してみたら意外に近くに住んでいたというパターンもあります。

このように、就活は一生で一度の最大のコンパだとも捉えられるので積極的に楽しんで行くべきだと思います。

2.全員年齢が近くて話しやすく、就活という共通の話題がある

ナンパ初心者が悩む点として、「気になる子はいるけど話が合うかわからないし、そもそも何を話せば良いかわからない」といった問題があります。

その点、就活ナンパはとっても初心者向きです。

説明会などに参加して気になる子がいたら隣に座り、「この業界志望なんですか?僕もこの業界最近見始めたばかりなんですけど、他にどういう企業見てるか参考にしたいので教えてもらったりしてもいいですか?」

などと、とても自然な会話をすることができ、よほどの女の子ではない限りは色々話してくれます。

そこで、話が盛り上がって来たら最後に「いや〜〇〇さんに色々教えてもらって本当に助かりました〜。就活始めたばっかで周りの皆が色々研究しているのを見て、とても不安だったんですよ〜。また、色々情報交換したいのでよかったらライン交換してもらってもいいですか?」

といった感じで簡単にラインを交換することができます。

僕も最初はここで女の子に話しかけまくって慣れていきました。

3.グループワークなどで親密になりやすい

先ほどの説明会のような場所でも出会いはいっぱいあるのですが、最近では多くの企業がインターンシップという名のグループワークをやっているところが多くあります。

僕は、なるだけ多くの短期のインターンシップ(1day〜5day)を片っ端から参加していきました。

グループワークでは、例えば6、7人のグループであるお題に対してグループディスカッションなどをします。

僕は、本命の企業以外のグループディスカッションは、同じグループの可愛い子がグループ内で話しやすい雰囲気作りをするのに徹底していました笑

例えば、グループディスカッションを進めて行く上で一人一人の意見を聞いて行くのですが、あまり意見を出さない子に対しては、「〇〇さんはこの意見に対してどう思う?」と聞いたり、意見を出したものに関しては、「それ、めちゃめちゃ面白いね!この考えをこれと組み合わせたらすごく良い案ができそう!」などといった感じで盛り上げていきます。

そして、終わった後に帰り道で「俺、今日グループディスカッションに参加するの初めてで不安だったんだけど、〇〇さんのおかげですごく楽しかったよ!次の選考でも会うかもしれないからよかったらライン交換しない?」

といった感じでグループワークを楽しんでいました。

ただ先ほどの説明会と違って、グループに可愛い子がいるかどうかは完全に運ゲーなので可愛い子がいなかった場合は大人しくグループワークの練習をしましょう笑

就活で出会える場所ランキング

1位 合同説明会

合同説明会は、めちゃめちゃ人がいるのでおすすめの出会いの場です。

ぶっちゃけ、参加すること自体には何の効果も実感できませんでしたが、可愛い子に大量に話しかけるといったトレーニングの場としては最適だと思います。

話しかける手段としては、可愛い子を見つけたらその子と同じ企業のブースに参加して近くに座り、終わった後に「この業界志望なんですか〜?」といった感じで話しかけたり、

疲れてアンケートを書いて端のほうで休憩している子たちに、「人がめちゃめちゃ多くて、行きたい企業のブースに参加するのにめっちゃ苦労しませんか?」といった感じで話しかけたりもしてました。

ここは数をこなすのに最適ですね。

2位 会社説明会

合同説明会で話すのに慣れて来たら次によく行っていたのは会社説明会です。

特に会社説明会は、女子が多い業界の企業を狙って申しこんでました。

例えば、「アパレル、食品、デパート、広告」なんかを適当に申し込んでいた気がします。

ここでは、気になる子の隣に座って「この会社第一志望ですか?」と行った感じで話を切り出していました。

ただ、あまりにも女の子しかいない会社に参加すると浮いて恥ずかしいのでそこは注意が必要です。

3位 インターンシップ(座談会、グループワークなど)

インターンシップは、一緒にグループで行動するので仲良くなりやすいです。

グループで可愛い子がいたら、積極的に仲良くなって行くと良いでしょう。

また、就活の本選考にも有利になるので出会いだけでなく内定も早くゲットしたい学生なら特にインターンシップに積極的に参加して行くと良いでしょう。

あわせて読みたい

インターン参加で早期内定!?就活を最速で終わらせた方法とは?

「Meets Company」は就活、ナンパ初心者におすすめ

今まで就活で出会える場所を色々話して来ましたが、実際に僕が利用させていただいたMeetsCompany というサービスを紹介させていただきます。

このサービスは特に、就活を始めたばかりの学生やナンパをしてみたいと考えている学生両方におすすめできるサービスです。

具体的にどの部分が気に入っているかをお話しします。

 座談会形式の合同説明会で内定に直結している

先ほど、就活で出会える場所で合同説明会を述べた時に、「就活自体にはあまり効果がない」と申し上げました。

理由としては、合同説明会に来ている多くの企業が自分の会社の宣伝目的で来ているので一人一人の学生の顔や名前をチェックしていません。

なので、合同説明会に参加しても直接その会社の内定に直結するということはほとんどありません。

しかし、Meets Companyでは優秀な人材が欲しいという企業が多額のお金を払って参加しているので企業側も座談会形式で学生をしっかり見てくれます。

参加している企業も、サイバーエージェント・KLab・健康コーポレーション・opt・ビットアイル・エクセリ・日産センチュリー証券・ ジョルダン・TKP・日本経営・レバレジーズなど

ベンチャー系の流行りの企業が多いです。

内容としては、各企業が最初に5分間自社PRをした後、グループ毎に企業8社が順番に回ってくる形で一度に8社の選考が可能なシステムとなっています。

例えば、人事のお話に対して自分の考えや役立ちそうなスキルをお話しすれば、その人に気に入られて内定に直結する選考フローが特別に免除、場合によってはその場で内定をもらえたりします。

就活を経験した身から言うと、就活初期の早い段階で内定を一つでももらえていると、安心感が全然違います。

僕もここで内定をもらった会社は志望ではなかったので行きませんでしたが、内定をもらっておくだけで、本命の企業に不安のない状態で挑むことができました。

また、座談会では人事が優秀な人材を判断する手段としてグループワークを経験することが多いので、そこで就活のグループディスカッションに慣れることができます。

更に、このようなサービスに参加する学生というのは就活に対して意識が高い学生なので、就活仲間作りとしてもとても役立ったりします。

登録も簡単で参加するのも無料なので、就活初期で何すれば良いかわからな〜いと行った学生の方に特におすすめしたいサービスです。

ちなみにナンパに関しては、Meets Companyが主催している合同説明会に参加しまくって彼女ができたので個人的な理由からナンパ初心者におすすめしています笑

まとめ

今回は、就活ナンパについての記事を書きました。

就活は最大の出会いの場なので、彼女がいない方や出会いがない人はここで彼女を見つけるのが手っ取り早いです。

それに、Meets Companyを利用すれば本命の企業の前に練習ができたり保険としての内定を獲得できたりします。

僕も、これのおかげで就活に早い段階で慣れ、本命の企業の内定も早くもらえたので、空いた時間で色々な業界の説明会に参加して女の子の連絡先をいくつかゲットしていました。

皆さんも就活を楽しみたいなら、積極的に内定と彼女をゲットして行きましょう!

あわせて読みたい

学生でもナンパしたほうがいい?学生時代にナンパをおすすめする理由5選!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です