【学生必見】アルバイトするならこれ!楽なおすすめバイトとは?

どーも、ひまお(@himanarikei)です。

今回は、僕が学生時代に働いていたアルバイト先での仕事内容などを紹介していきたいと思います。

学生だったら、多くの人がどんなバイト先で働こうかな~とか考えると思います。

仕事が楽なのを選ぶのもよし、自分の趣味に関連したのを選ぶのもよし、楽しそうに働ける場所が良いとか色々あるかと思います。

そこで、実際に僕が経験したアルバイト先で良かったもの、悪かったものなどを順番に紹介していきたいと思います。(おすすめ度☆1~☆5)

アルバイトを始めたい高校生にバイトの始め方を説明します

学生時代に働いたことのあるバイト6選

1.レンタルビデオ店(おすすめ度☆3)

勤務経験3年

主な仕事内容:レジ業務

返却処理(返却BOX回収)

陳列業務(返却された商品を棚に戻す)

入荷業務(新しい商品にシールを貼ったりする)

電話応対(商品検索、クレーム処理、延滞のお客様に連絡)

良かった点:

商品が安く借りられる

最新のレンタル情報が手に入る

仕事自体は単調作業で楽

気になる作品などが見つかりやすい

悪かった点:

商品が再生できないなどのクレームが多い(1日平均2~3件)

客層が低いのでたまに理不尽に怒鳴られることがある

AV作品を無我の気持ちで陳列しなければならない

固定シフトだったので、不自由だった。

感想:このバイトは、自分の中で最も長く続きました。

仕事自体は単調で楽だったので良かったし、好きな映画に囲まれることは純粋に楽しいです。

しかし、クレーム処理は正直ダルイです。

客層が低いので怒鳴られることもよくありました。

バイトの時間は仕事だと割り切って、ロボットのように対応をする力を身に付けました(笑)

2.採点バイト(おすすめ度☆4)

勤務経験1年

主な仕事内容:高校生の模試採点(与えられたマニュアル通りにやるので簡単)

良かった点:

シフトが自由(自分が入りたい日に入れる。最初に一カ月で何時間勤務するかを決める)

大学生しかいない(社員がいなく、指導されるバイトリーダーも大学生なので気楽)

対人じゃないのでマイペースで進められる(一定のノルマをクリアしてればOk)

クレームがない

1時間ごとに休憩がある

悪かった点:

ずっとパソコンで採点してるので目が疲れる

単調すぎて飽きる

交通費が出ない

感想:このバイトは、2番目に長く続きました。

仕事自体は単調で楽でした。

周りに大学生が多かったので、頑張れば友達も作れます。

僕は英語の担当だったのですが、女子がめちゃめちゃ多かったです。

しかし、ずっと同じ模試を採点しているので飽きます(笑)

あと、眠くなるのが注意です。

3.レストランオープニングスタッフ(キッチン)(おすすめ度☆4)

勤務経験半年

主な仕事内容:キッチン業務(仕込み、料理作り、洗い物)

良かった点:

オープニングスタッフなので周りがみんな同期(仲良くなりやすい)

料理スキルが上がる

まかないが食べれる

悪かった点:

ホール業務が男女わいわいしてて羨ましい

ピーク時に忙しい

キッチンスタッフに怖い人がいる

火傷や切り傷などの怪我がたまにある

感想:このバイトは、3番目に長く続きました。

一人暮らしを始めた際に料理スキルを身に付けたいと思ってキッチン枠で働きました。

オープニングスタッフは周りが皆同期なので、友達も作りやすいです。

レストランがオープンする前は系列店で研修するのですが、ピーク時はとても忙しかったことを覚えています。

しかし、そのおかげで料理スキルが上がったので結果的に良い経験でした。

まかないはとてもおいしかったです。 

4.ファストフード店(キッチン)(おすすめ度☆1)

主な仕事内容:キッチン業務(仕込み、料理作り、洗い物)

良かった点:

なし

悪かった点:

ワンオペ

忙しすぎる

感想:このバイトは、1番最初に初めてすぐ辞めました。

お昼のピーク時に一人で回す必要があり限界でした。

店が悪かったですが、2度と働きたくありません。

5.居酒屋(キッチン)(おすすめ度☆1)

主な仕事内容:キッチン業務(仕込み、料理作り、洗い物)

良かった点:

なし

悪かった点:

雰囲気になじめない

オーダーの種類が多くて混乱する

感想:このバイトは、1日ですぐ辞めました。

単純にバイトメンバーに馴染めず、孤立してて辛かったです。

あとは、居酒屋の忙しさに混乱しました。

居酒屋で働いている人を尊敬します。

6.単発バイト(おすすめ度☆3)

主な仕事内容:イベントでのガラガラを回す奴

軽作業(部屋に資材を搬入)

チラシ封入

検品、ピッキング作業

良かった点:

入りたい日に働ける派遣システム

1日だけの人間関係なので楽

悪かった点:

誰でもできる仕事がゆえに働いている層が底辺

チラシ封入は単調作業を8時間ぶっ通しで辛い

深夜の倉庫内の検品作業は人間がやる仕事とは思えなかった

感想:単発バイトは、旅行などでお金が必要な時にやりました。

仕事自体はめちゃめちゃ楽で人間関係も気にしなくて良いのですが、働いている層が底辺過ぎて良い社会勉強になりました(しっかり勉強して就職しようという意気込み)

何も考えずに黙々と作業が出来る方にはお勧めです。

 まとめ

今回は僕が経験したアルバイトを紹介しました。

結論から言うと、アルバイトはお金を稼ぎに行くつもりだけではやらない方が良いです。

仕事自体が好きなことだったり、友達を作りたいなどの考えがないと時給1000円は貴重な学生の時間を安売りしててもったいないです。

僕は大学院からは、アルバイトをやめて奨学金だけで生活しています。

そのおかげでアルバイトの時間に縛られない自由な生活を送れて満足しています。

皆さんもどうしてもお金が必要でない限りは思い切ってバイトを辞めることも選択肢に入れておくと良いかもしれませんね。

バイト探しが面倒くさい方はこちらのアプリを使えば、簡単に調べることが出来るのでおすすめです!

バイトとは別の副業としての稼ぎ方に興味がある方はこちらの記事もどうぞ。

あわせて読みたい

【金欠学生向け】ポイントサイトを使って簡単に10万円稼ぐ方法!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です