【卒業旅行 第3弾】福岡で食べ歩き!中洲の手コキ店、天神ナンパで思い出作り

どーも、ひまお(@himanarikei)です。

前回のグアム島のナンパ旅行に引き続きの卒業旅行第3弾です!

あわせて読みたい

【卒業旅行 第2弾】グアムでナンパ旅!弾丸ツアーで最高の夜の思い出を

今回は、福岡に1泊2日の旅行へ行ったのでそれに関する記事です。

福岡は博多美人が有名で、ご飯も美味しく人気の観光地です。

今回は、友達との旅行ということでナンパはほどほどに観光を楽しんできました!

福岡 1日目

羽田空港〜福岡空港着

朝8時に羽田空港着。

空港で旅行メンバーと合流。

今回の航空機は、溜まっていたマイルでJALに乗れたので非常に快適だった。

8時30分発の飛行機に乗り、福岡空港へ到着したのは10時半ごろ。

とりあえず、博多駅に向かう。

博多駅着〜ラーメン即

博多駅に到着すると、お昼ご飯を何を食べようか話し合うことに。

福岡といえば、博多ラーメン、明太子、もつ鍋と魅力的なグルメがたくさんあり、どれを食べようか迷っていた。

なので、とりあえず順番に全部食べることにした笑

まず、向かった先は博多の濃厚とんこつラーメンで有名な「博多一双」に行ってきた。

ここは、業界屈指の濃厚スープが有名で、巷では「豚骨カプチーノ」と呼ばれているらしい。

12時ごろにお店に到着すると、人気店だけに行列ができていた。

食券を買ってから並ぶシステムで今回は、Aセット(ラーメン+ライス、700円)を購入した。

30分ほど並ぶとお店に入れて、待つこと5分お待ちかねのラーメンとご対面。

写真のようにスープがとても濃厚で、まろやかな味わいでとても美味である!

博多ラーメンならではの細麺をすすると、スープと絡んでとても美味しい。

余ったスープにライスをぶち込んですするとこれまた最高に美味!

そんな感じで5分ほどであっという間に完食してしまった。

博多〜中洲へ移動

お昼ご飯を食べた後、眠くなってきたのでリバークルーズをしようという話が出た。

リバークルーズの船はどうやら中洲から出ているようだったので、中洲へ移動することにした。

中洲といえば、日本屈指の歓楽街で有名で夜になると屋台が出たり、風俗、キャバクラなどが至る所に見受けられる場所である。

博多駅から電車で10分ほどで中洲に到着。

リバークルーズ乗り場へ移動すると、こんな張り紙が貼ってあった。

まさかの運休〜!笑

とりあえず、代わりに明太子ご飯でも食べようと近くのお店を探してもなかなか見つからない。

歩くこと數十分、ようやく見つけた明太子ご飯が食べられる店に入ろうとしたら、値段を見て驚愕。

なんと、明太子御膳が3000円ほどするではないか。

これは流石に食べれないと嘆き、昼の中洲を後にし、天神へ移動することにした。

天神の方へ歩いていくと、人がどんどん増えていくと同時に、博多女子の平均スト値の高さに驚いた。

テンションが上がる、夜はここに来よう!そう決意した。

天神に到着すると、もつ鍋を食べれるお店に入ることにした。

お店の名前は「もつ鍋 笑楽 天神ソラリア店」で、ランチは写真のようなもつ鍋御膳(明太子も付いてる)で1000円ちょいと非常にコスパの良いお店であった。

(出典:食べログ https://tabelog.com/fukuoka/A4001/A400103/40041232/)

もつ鍋の味もしっかり染み込んでいて、身も心も温まる1食となった。

大満足でお店を出ると時刻は16時ごろだったのでホテルにチェックインしようという話になり、一旦ホテルに向かうことにした。

 

博多駅からバスで30分のリゾートホテルへ移動

今回泊まったホテルは、「ザ・ルイガンズ スパ & リゾート」という4つ星リゾートホテルで豪華であった。

ただ、福岡の市街地から離れて海沿いにあるため博多駅からシャトルバスで30分ほどかかるようだった。

バスに揺られること30分、ホテルへ到着。

部屋はとても綺麗で、景色も最高であった。

(出典:ルイガンズ https://www.luigans.com/room/floor/detail_02.html#first-resevation-tab01)

ホテルの夕食を食べた後、部屋でお酒を飲みながらワイワイしていたら時刻は22時ごろ。

お酒も入り、良い気分で天神へ向かおうとしたら、なんと電車がもう動いていなかった。

タクシーで向かおうとも考えたが、料金がバカにならないので大人しくこの日は眠ることにした。

福岡 2日目

午前:中洲の手コキ専門店へ

朝、絶景の景色を眺めながら起床し、朝食ビュッフェを食べた後9時ごろにホテルを出た。

電車で1時間ほど揺られて、中洲へ到着したのが10時ごろ。

とりあえず、1回中洲で抜いてみたかったので、中洲発祥の「手コキ専門店 2980円」に向かってみた。

手コキ専門店ということで可愛い子が多いと有名らしく、ドキドキしながら入店。

入ると、元気の良いお兄さんが出迎えてくれて基本的な説明をしてくれた。

基本メニューは、15分2980円で指名、時間延長、オプション等を付けると値段が上がっていくようだった。

僕は毎回、最安のプランで頼むが好きなのでフリーで基本メニューのみの2980円で入ってみた。

お昼に入ったので人も少なくすんなりと案内された。

部屋は個室で広く、東京の仕切りだけのピンサロなどと比べると非常に恵まれた環境であった。

入ってきた女の子は22歳の博多女子で、顔は普通にカワイイって感じの子だった。

とりあえず、博多弁を耳元で囁いてもらいながらのローション手コキをお願いし、気持ちよく発射できた。

終わった後は、簡単なアンケートを記入し退店。

時間にしてわずか30分ほどの出来事であった。

午後:天神でナンパに挑戦

一発抜いてスッキリした後、天神に向かい帰りの飛行機の時間まで軽く声かけをしてみた。

天神のソラリア近辺を中心にぐるぐる回っていると、可愛い子を発見。

僕「こんばんは〜」

お姉さん「こんばんは!」

僕「東京から旅行で来ててもうすぐ帰ろうと思ってたんですけど、お姉さん綺麗だったんで思わず声かけちゃいましたぁ^^」

お姉さん「そうなんですね〜!ありがとうございます」

僕「いえいえ〜!良かったら30分だけお茶しませんか?」

お姉さん「すいません、このあと予定あるので厳しいです」

僕「わかりました〜ありがとうございます!」

こんな感じで、10〜20声かけ程度行って8割ぐらいはオープンしたけれども、連れ出しはできなかった(>_<)

そんなこんなで、帰りの飛行機の時間が近づいて来たので帰宅。

まとめ

今回は、福岡へ1泊2日の旅行へ行ったことについて書きました。

良かった点

・美味しいご飯を食べて、可愛い女の子を見ることができた。

・リーズナブルな金額で抜くことができた。

・オープン率が東京と比べて高かった

反省点

・ナンパ自体にかけられる時間が少なく、あまりナンパができなかった(10〜20声かけ)

・ホテルが市街地から遠かった

次回はこれらの反省点を踏まえて、また新たなナンパ旅行をして行きたいと思います。

あわせて読みたい

学生でもナンパしたほうがいい?学生時代にナンパをおすすめする理由5選!