読書嫌いの学生でも読める!人生が捗るおすすめ本10選を紹介

どーも、ひまお(@himanarikei)です。

今回は、読書嫌いの学生でも読める人生を豊かにするおすすめ本を紹介したいと思います。

読書はマンガだけ、読んでも小説が多いという方がいらっしゃると思うのですが、僕自身は学生の間になるべく多くの本、特に自分の今後の生き方に影響を与えてくれる本を読んだ方がいいと考えています。

だけど、「自己啓発本とか難しそうだし〜読みたくない〜」という方も多いと思います。

そこで、この記事では僕が読んだ中で比較的読みやすくて面白い本10冊を簡単なレビューとともに紹介していこうと思います。

人生が捗るおすすめ本10選

1.レバレッジ・リーディング

本を読む時間がない、本にかけるお金が勿体無いと感じている人に是非読んでもらいたい一冊です。

この本では、本を読むことが最も格安の自己投資であることを伝えています。

ビジネス書の値段は1冊当たり1500円程度ですが、この1500円の本から学んだことをビジネスに生かせば、元が取れるどころか、10倍、いや、100倍の利益が返ってきます。

これは私自身や周囲の成功者の実績からはじき出した数値です。

つまり、わずか1500円の本の中に、15万円の価値が隠されているのです。

読書ほど格安の自己投資はありません。

本を書いた人が何年も何十年もかけて体得したノウハウを、わずか一冊の本を読むだけで手に入れられるのは普通に考えてとても効率が良いですよね。

しかし、ただ何も考えずに本を読むだけでは時間を取られるだけで、結局読み終わってみると内容がしっかり頭に入っていないという状態に陥ってしまいませんか?

本書では、そのような人のために短期間で大量の本を効率的に読む読書法である多読術(レバレッジ・リーディング)を紹介しています。

僕は、この本を読んでから読書に対する向き合い方が変わり、今では読書をすることで効率の良いノウハウや時間の使い方を学ぶことができ、結果的に読書する前と比べて使える時間が圧倒的に増えました。

こんな人にオススメ

本を普段あまり読まない人

・本の効率的な読み方がわからない人

2.モテモテ道

まず、質問です。

「あなたは、何人からモテたいですか?」

この問いになるべく多くの人からモテたいと答えた方にオススメの1冊です。

モテるには「モテ道」というものがあります。

この本に書いてある「モテモテ道」は、世の中に溢れるさまざまなモテ本に書かれているものとは、全く違います。

小手先だけのテクニックや駆け引きではなく、あなたの人生全てが「モテモテ」になる方法です!

本書では、女性だけでなく会う人全てからモテモテになるいわゆる「魅力」と呼ばれるものをどのように身につけていくかが紹介されています。

僕は、この本に書かれていることを実践していくうちに少しずつ自分の魅力が上がっていくのを実感し、周りに多くの人が集まるようになりました。

また、ナンパを始めようと思ったきっかけになったのもこの本に書いてあった次の文章がきっかけです。

しぼりこみすぎるからダメなんだよ。

彼氏は一人とか、彼女は一人とか、旦那は一人とか、奥さんは一人とかって決めすぎるの。

一人にしよう、一人にしようとする考えがあるけど、一人じゃなくてもいいんだよ。

一人に決めると大変なことが起きてしまうの。

なぜかっていうと他に好きな人ができるたびに別れが来ちゃうんだ。

ところが別れなければ増えていく。

だから、財産と同じで増やしていけばいいと俺は思っているの。

こういった斬新な切り口で書いてあって、内容も思わず納得してしまうことが多いので、読んでてとても面白い本でした。

こんな人にオススメ

・もっと周りの人からモテるようになりたい

・モテモテになって人生の楽しみを増やしていきたい

3.人生ドラクエ化マニュアル

この本は、人生でやりたいことがあるけれども周りの目が気になってなかなか行動に移せない人におすすめの1冊です。

本書では、人生をドラクエのようなRPGに例えて、迫り来る敵(自分の目標達成に向けての困難)にワクワクしながらどのように立ち向かっていくかを教えてくれます。

人生もゲームも先がわからないから楽しいのであって、安定した生活を送っていたら将来の自分の姿が簡単に想像できてしまい、もしかしたらものすごくつまらない人生になってしまうのではないかと怖くなりました。

世間はアナタに何の関心も持っていない

見栄、世間体などというものは自分の妄想、自意識過剰の産物以外の何ものでもない。
つまり、見栄、世間体は幽霊と同じで、この世に実在していないのだ。

それにもかかわらず、この世に存在していない「見栄世間体」の視線に怯えて、ヤリタイコトを抑えるなどは、少し痛い人のやる事なのだ。

上の文章は、他の人と違うことをしようと思うのはものすごく勇気がいることですが、実際一歩踏み出して新しいことをやるのに躊躇する必要なんてなかったってことを教えてくれました。

考えてもみたら、ほとんどの人が自分以外の他人の人生なんてどうでも良いですからね。

こんな人にオススメ

・一度しかない人生でやりたいことを成し遂げたい

・ドラクエが好きで、人生もドラクエのようにワクワクしてみたい方

4.夢をかなえるゾウ

自己啓発本は難しくて読みづらそう、最初にどの本を読めば良いかわからないという方はこの本がおすすめです。

本書の特徴として、終始笑えるストーリーで話が進んでいく中、所々で人生において大事な教訓をガネーシャという象が主人公に説いていくといった話になっています。

成功したいて心から思とるやつはな、何でもやってみんねん。

少しでも可能性があることやったら何でも実行してみんねん。

つまりやな、『バカバカしい』とか『意味がない』とか言うてやらずじまいなやつらは、結局そこまでして成功したくないっちゅうことやねん。

『やらない』という行動を通して、成功したくない自分を表現してんねん。

すると宇宙はなあ、『ああ、こいつ成功したないんやな』そう考えるんや。

そういうやつから真っ先に成功から見捨てられてくねん

僕はこの文章を読んで、とりあえずやってみたいと思うことを片っ端から書き出して全部やってみました。

すると、自分が思っていたよりもやりたいことが出来て人生において行動に移すことが最も大事なことに気づかされました。

それ以外にも様々な教訓をガネーシャから学んで、今でもそれをたまに思い出して噛み締めています。

こんな人にオススメ

・自己啓発本のような難しい本を楽しく読んでみたい

・人生において大事なことを若いうちに知っておきたい

5.GRIT やり抜く力

人生で成功するためには何が最も重要か。

マッキンゼー、ハーバードなどで世界中の優秀なエリートを見てきた著者が様々な実験を行って検証したところ、それは生まれつき持った才能ではなくて、GRIT(やり抜く力)でした。

本書では、なぜGRITが最重要であるのかGRITを伸ばすためには具体的にどのようにすれば良いのかということが細かく書かれています。

「グリット」とは、物事に対する情熱であり、また何かの目的を達成するためにとてつもなく長い時間、継続的に粘り強く努力することによって、物事を最後までやり遂げる力のことです。

グリットはスタミナを必要とします。1つの夢や目標を実現するために毎日毎日、朝から晩まで、夢中になって頑張り続けることです。それも1週間、1ヶ月といった短期間ではありません。数年間ずーっとです。

頑張って、頑張って努力し続ける、そうすることで、やがて夢や目標が現実のものとなるのです。グリットは短距離走ではありません。長距離走なのです。

GRITを伸ばすためには、結果が出ない間も継続して努力し続けることが大事です。

僕の場合はそれがブログ、ナンパ、英語というもので、結果が出ない間もひたすら頑張り続けていくことが数年後の成功につながると信じています。

こんな人にオススメ

・物事が長続きしない人

・人生で何か情熱を持って成功したいことがある人

6.自分を操る超集中力 図解

メンタリストDaigo氏が心理学、脳科学の観点から圧倒的な集中力を発揮する方法を紹介してくれる本です。

超集中力というものはどんなことをやる上でも必要になってくるものであり、この能力を身につけることで今までの何倍もの効率の良い時間の使い方が出来るようになります。

選択と集中を意識する

「人間ができることは、ごくわずかです。その中で集中できることなんて、もっとわずか。それを認識しましょう。でも、そのわずかなできることを最強にすればいい。極端ですが、できないことは諦めて捨ててしまうのが集中するための一番の方法です」(同)

これが僕の中で最も響いた言葉で、今までいろんなことをやろうとしすぎていたのですが、本当に自分が出来ることや熱中すべきものはどれかなどを決めたおかげで人生観がガラッと変わりました。

最初に出た超集中力の本が人気のため、最近では図解として細かく図を用いて超集中力を説明されている本が出たため、そちらの方をオススメします。

こんな人にオススメ

・集中力が長続きしない人

・時間の有効活用方法を知りたい人

7.無敵の思考 

2ch創設者のひろゆき氏が書いた最新の本で、人生で最もお得になれるコスパ最強のルールを紹介している本です。

人生においてみんな当たり前だと思って我慢していたことも、この本を読めば実際にはこんな生き方があったんだ〜と新しい価値観を発見できます。

 消費者のままの人生から抜け出すためには、クリエーターになるという方法しかありません。モノづくりをする人は幸せを感じることができますからね。

 たとえば、「絵を描いて幸せ」や「写真を撮って幸せ」「文章を書いて幸せ」などということです。

 これらは、「お金をかけなくても幸せになれる手段」なので、それを持っていると、自分の時間さえあれば、その分だけ幸せになれます。つまり、時間があればあるほど幸せを感じられる“無敵状態”になれるわけです。

一般的な消費者は、仕事でお金を稼いでそのお金で自分の好きなことをするという考え方ですが、ひろゆき氏はいかにお金をかけないで幸せになることができるかということに重点を置いています。

時間があればあるだけ幸せになれるいわゆる無敵状態になるにはどうすれば良いか、ということがわかりやすく説明されていてとても面白かったです。

こんな人にオススメ

・仕事やバイトが辛くて悩んでいる人

・人生で幸せを感じて生きていきたい人

8.多動力

実業家として有名な堀江氏が書いた最新の本で、これからの時代を生き抜いていくのに重要な多動力というものを説いている本です。

多動力というものは「いくつもの異なる分野で力を発揮していくもの」で、一つの分野で100人に1人の人材レベルになり、その分野をどんどん増やして掛け合わせていくことで1万人に1人、100万人に1人の人材になっていくというものです。

「自分にしかできない仕事」以外は思い切って人に任せよう

何百もの仕事を同時にこなすためには、「自分でやらないこと」を決めるのが大切だ。自分にしかできない仕事以外は、他人に思いっきり任せよ。

この文章を読んで、人生という短い時間の中で限られた人材になるためにはこの考え方が本当に重要だな〜と思いました。

堀江氏の著書はたくさん出ていますがどれも基本的に読みやすくて、僕らの常識とは真逆の観点から意見を発信してくれるので読んでて非常に面白いです。

すでに、色んなサイトで紹介されていて爆発的に売れている本なのでまだ読んだことがない方がいたらぜひ読んでみてください。

こんな人にオススメ

・これからの時代を生き抜いていく力を身につけたい人

・世の中で限られた人材になりたい人

9.今すぐやる人になる40の習慣

東進ハイスクールの国語の講師でバラエティ番組にも多数出演されている「いつやるの?今でしょ」で有名な林修氏の著書です

本書では、人生で今すぐやる人になる習慣を身につける方法を教えてくれます。

人生において思い立ったらすぐ行動することがどれだけ大事か僕は常々感じています。

そもそも、「今だ、今しかない!」と思いが熱く高まることは、実はそれほど多くはないのです。また、そうなったとしても、
①「熱い思い」は、なかなか持続するものではない!
②誰もが、やらなくてもいい理由、できない言い訳を探すことに関しては、豊かな才能に満ちあふれている
 という少し寂しい現実があります。だから、「今でしょ!」という思いが生じたときに、その思いのまま行動して、成功の実感を心に刻んでいかないと、その瞬間に動けない、いわば「冷めた」人になってしまうのです。

僕はこの文章を読んで、悩んでいたフィリピン留学や海外インターンなどを即座に行動に移そうと決めて、結果的にとても良い体験ができました。

これからの時代は何よりもスピード感が最も重要になってくると思います。

現役の国語の講師が書いた本なので、とても読みやすいのでぜひ手にとってみてください。

こんな人にオススメ

・やりたいこと、やらなきゃいけないことを後回しにしてしまう人

・仕事ができる人になるための習慣を知りたい人

10.ゼロ秒思考

ゼロ秒とは、 すなわち、瞬時に現状を認識し、瞬時に課題を整理し、瞬時に解決策を考え、瞬時にどう動くべきか意思決定できることだ。

迷っている時間はゼロ、思い悩んでいる時間はゼロとなる。

文字通り瞬時にできることが多いが、もう少し時間がかかる場合もある。それでも、従来に比べて驚くほどのスピードアップとなる。

今、目の前で何が起きているのか、どういう現象なのか、一瞬のうちに判断し、判断したら次の瞬間に進むべき道を複数考え、長所短所の比較をし、即座に方針を決定できるようになる。

マッキンゼー出身の赤羽雄二氏が書いたベストセラーの本で、仕事、プライベートでの悩みなどをすべて解決するゼロ秒思考という考え方を教えてくれます。

やり方は非常に簡単で、毎日A4の紙に自分が今考えていること悩んでいることをブワーっと書き出すだけです。

これだけで本当に信じられないですが、頭の考えが整理され解決案が自然と出てくるようになります。

赤羽氏は、この本以外にも多数著書を出されていますが基本的な考え方はこの本のゼロ秒思考に基づいています。

日々、悩んでいる人や行き詰まっている人がいたらぜひ読んでみてください。

こんな人にオススメ

・頭が良くなりたい人

・悩み、困難などの状況を打破する方法を知りたい人

まとめ

今回は、読書嫌いの学生でも読める人生を豊かにするおすすめ本を紹介しました。

僕自身は学生の間にこの本を読んで、自分の生き方に大きく影響を与えてくれました。

頭が良くなりたい、人生で成功したいという方は本を読むことがいちばんの近道だと思います。

ぜひ、たくさんの本を読んで色んな人の生き方を学んでみてください。

あわせて読みたい

【2017年上半期】アマゾンで買って良かったおすすめ商品15選

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です