読書嫌いの学生でも読める!人生が捗るおすすめ本10選を紹介

どーも、ひまお(@himanarikei)です。

今回は、読書嫌いの学生でも読める人生を豊かにするおすすめ本を紹介したいと思います。

読書はマンガだけ、読んでも小説が多いという方がいらっしゃると思うのですが、僕自身は学生の間になるべく多くの本、特に自分の今後の生き方に影響を与えてくれる本を読んだ方がいいと考えています。

だけど、「自己啓発本とか難しそうだし〜読みたくない〜」という方も多いと思います。

そこで、この記事では僕が読んだ中で比較的読みやすくて面白い本10冊を簡単なレビューとともに紹介していこうと思います。

人生が捗るおすすめ本10選

1.レバレッジ・リーディング

本を読む時間がない、本にかけるお金が勿体無いと感じている人に是非読んでもらいたい一冊です。

この本では、本を読むことが最も格安の自己投資であることを伝えています。

ビジネス書の値段は1冊当たり1500円程度ですが、この1500円の本から学んだことをビジネスに生かせば、元が取れるどころか、10倍、いや、100倍の利益が返ってきます。

これは私自身や周囲の成功者の実績からはじき出した数値です。

つまり、わずか1500円の本の中に、15万円の価値が隠されているのです。

読書ほど格安の自己投資はありません。

本を書いた人が何年も何十年もかけて体得したノウハウを、わずか一冊の本を読むだけで手に入れられるのは普通に考えてとても効率が良いですよね。

しかし、ただ何も考えずに本を読むだけでは時間を取られるだけで、結局読み終わってみると内容がしっかり頭に入っていないという状態に陥ってしまいませんか?

本書では、そのような人のために短期間で大量の本を効率的に読む読書法である多読術(レバレッジ・リーディング)を紹介しています。

僕は、この本を読んでから読書に対する向き合い方が変わり、今では読書をすることで効率の良いノウハウや時間の使い方を学ぶことができ、結果的に読書する前と比べて使える時間が圧倒的に増えました。

こんな人にオススメ

本を普段あまり読まない人

・本の効率的な読み方がわからない人