【思考法】考えを整理する3つのステップ

どーも、もっち〜(@himanarikei)です。

今回は思考法に関して。

以下の人に本当におすすめの方法です。

● 自分の言いたいことがうまく伝えられない

● 初対面の人とうまく話せない

 

そんな人に対して、ものすごく効果的な方法を紹介します。

ポイントは以下の3つです

① とにかく、書いてみて使える言葉を増やす

② 独り言を使って、話をしてみる

③ 3つのポイントから考える癖をつける。

 

とにかく、書いてみて「使える言葉」を増やす

この話をする前にまず紹介したいことがあります。

私の人生を変えたとい言ってもいい、最高の本を「紹介」します。

『ゼロ秒思考 頭がよくなる世界一シンプルなトレーニング』 著:赤羽雄二

A4版の裏紙を用いて、考えていることを1分以内に書いていくという本当に簡単な方法です。頭の中のもやもやしている内容や、考えや悩みを「言語化」するということです。

あわせて読みたい

【神の習慣】ゼロ秒思考 1円もかからず、なんでもできる奇跡の習慣

これをするようになってから、ものすごく「アウトプット」の質が高まりました。

紙とペンさえあれば、必ずできるので、絶対やってみてほしいです。

仕事中でも、考えを整理するときに時間を見つけてやっているぐらいです。

これは、いつでもどこでもできる上に、かなりの効果が生まれてきます。

 

特に、長く考えても良くわからないことがあると思います。

 

例えば、僕の場合だったら、「なんでナンパをしようと考えたのか?」

という質問や、

「どうして女の子を口説こうと考えているのか?」

という質問にも答えることができます。今のところ自分はどんなことを考えているのか、

さらに掘り下げたいときには、

「もっと具体的に考えると?」という質問をすれば、1分以内に答えが出てきます。

というより、1分で答えを出せるようにします。

 

これは、何もナンパだけでなく、いろいろなことに応用がききます。

自分自身の悩みや、自分の考えや行動を「言語化」することができます。

最初は、なかなかいい言葉にならないと思いますが、繰り返し書いているうちに

自分の言葉としてつかえるようになっていきます。

 

独り言を使って、話をしてみる

次に、その言語化した言葉を使いこなす練習をしてみます。

一人で、1~2分程度で話をすることができるようにしていくことができるようにしていくことができるようになっていきます。

 

一人で話しているなんて、頭がおかしくなっているようで恥ずかしいのでしょうが、

かなり効果があります。

とはいえ、抵抗感がある人は、誰かと2人で質問してもらって回答することがいいでしょう。

そうすることで、滑らかに回答ができるようになっていきます。

3つのポイントから考える癖をつける。

論理的な回答をする方法の最もいいやり方は、3つのポイントから考えるという思考です。

3つのポイントから考えると、バランスよくそして漏れなく考えることができます。

 

appleを作ったスティーブジョブスは、2005年にスタンフォード大学の卒業式で行ったスピーチです。その話も、3つのポイントから整理されています。

1.点をつなぐ

2.愛と喪失

3.死

という3つの話から構成されています。

伝説のスピーチと言われるぐらいの話の構成も、3つから成り立っています。

 

それをまねしていきます。

普段から、どんなことに関しても、3つのポイントから考えてみることを行ってみましょう。

この理論の裏側には、コンサルタントがよく使用する「ピラミッドストラクチャー」

という考え方を用いています。

 

もっと詳しく知りたいという人は、

 

3分でわかるロジカル・シンキングの基本』著:大石 哲之

『ロジカルシンキング』著:照屋華子

『考える技術・書く技術―問題解決力を伸ばすピラミッド原則』著:バーバラミント

上から順に読みやすくなっています。

 

まとめ

アウトプットの量を増やす、そして質を高める。

その後、独り言や誰かとペアになって、自分の言葉にする練習をする。

最後に、日々の生活の習慣として「3つのポイントから考える」という思考を

身につけるということです。

 

いかがだったでしょうか?

何かお役に立てたら幸いです。

最後まで読んでいただき本当にありがとうございました。