【若者向け】自己投資の重要性

どーも、もっち〜(@himanarikei)です。

あなたは、最強の自己投資ってご存知ですか?

それは、下記の2つの事柄を学ぶことです。

誰にでも、いつでも、何歳からでも効果のある方法です!

それは「お金、人間関係」を学ぶこと!

そもそも、自己投資ということ言葉自体なじみがない人もいるかもしれません。

「投資」とは、物の価値が上がると思われるサービスを買い、そのサービスを売ることや利用することで利益を得ることです。

株や不動産を買うということも大事ですが、ズバリ言っちゃいます。

 

結局自分を鍛えることが一番効果が高い!ということ。

その自分自身を鍛える「自己投資」を今回扱っていきます。

 

この記事の概要は、

● 自己投資があらゆる投資のなかで、最も効率がいい

● おすすめの自己投資

☆ 好きなこと、お金、人間関係 を学ぶとよい。

自己投資の意味

自己投資とは、自分自身の価値を高めるためにお金を使っていくことです。

世の中の投資物件の平均値は+5%程度(年間)だと言われています。

 

そんななか、自分自身の能力はどうでしょうか?

1年間でどれくらいの能力が伸びるでしょうか?

 

人間の伸びしろは「無限大」であり肌感覚では、年間30%以上の力が年間で身について行ってる気がします。

特に、「経験」というものは「一生記憶に残る」財産となるため、若い内の経験は最も投資効果が高いといえます。

例えば、英語が喋れるようになった年齢で考えてみましょう。

Aさんは18歳 Bさんは40歳で話せるようになったとしましょう。

Aさんの場合は、大学入学・就職・その後の旅行など多くの場面で、英語を活用する機会が生じ、その都度利益を得ることができます。

一方で、Bさんの場合は40歳になってからの仕事やプライベートの利用として考えても、直接の収入に結び付きにくいことや、話せなかった機関に得られるであろう利益・機会を逃してしまうことがAさんよりは多くなります。(機会損失)

この例はかなり極端ですが、早くからの自己投資の効果が大きいことがわかっていただけたでしょうか?

ただし、もちろんいつ始めても遅いということはないので、思い立った日から自己投資を始めてみることが、豊かな生活につながっていきます。

実際には、年齢に応じた自己投資の形があると思いますが、正直そこまで細分化して意見を持てていないのが現状です。

 

おすすめの自己投資

では何に自己投資をしていけばいいのか?

ということですが、私にはおすすめ項目が3つあります。

 

最も効果が高いことは、

● 自分の好きなことを見つける。

● 好きなことをすること。

これって、投資なの?と思っていませんか?

 

日本人の傾向と教育の弊害ですが、

自分の好きなことがわからない。何をしたらいいのかわからない。

だから、漠然と「お金がほしい」と実感している人が多いのかと感じます。

あなたはどうですか?

 

「お金がないから大学に行けない」と言っている子に対して、

理由をひとつずつ丁寧に見ていくことがあります。

 

実際には話を進めていくうちに、奨学金の話やお金の話をクリアにしようとしても、

「ただ単に大学にまだ行く気がしない」「勉強したくない」などのお金に隠れている、

お金以外の本当の悩みを掘り起こすことは頻繁に起きてきます。

 

そのため、自己投資として以下のことをしてみましょう。

本当に自分の好きなこと、やりたいことにお金を思い切って使ってみる。

大事なのは、今まで使ったことのないような額を使ってみることです。

そうして、そんなサービスを享受してみる。自分自身の気持ちを満たしていく。

そして、経験したことをもとに、さらに好きなことをやっていくという方法です。

例えば、3度の飯より女の子が好きで好きでたまらない僕は、女性関係のプロに借金をしてまでお金を払いました。

「なぜ、こんなことをしたか、バカじゃないの?」多くの人がそう思うと思います。僕も今まではその考えでした。

ただ、目先の利益ではマイナスですが、25歳という若さで考えた時の将来の人生で得られるリターンとしては費用対効果の高い投資だと考えました。

 

この「好きなことに思い切って投資する」と言ったフェーズを越えた後の、次に効果が高いことは「お金」の勉強をすることです。

お金のIQを高めることで、人生を豊かに生きていくことにつながります。

特に、多くのお金を持つというよりは、お金と健全に付き合う方法を学ぶということの心理的な安心感は大きいと考えます。

下手に不安をあおられてしまったり、お金の心配をしてイライラしてしまったりすることの無いように、お金について学習を進めていくことが望ましいです。

 

最後に、「人間関係」について学習していくことです。

「人間の悩みを紐解いていくと、すべては人間関係に通じる。」

というのが、『嫌われる勇気』で話題となったアドラーの理論の考えた方です。

 

人間関係の悩みは、「解決策」を知っているのと知らないのとでは、精神的な安定感が大きく異なってきます。

人間はどうしても自分の経験したことが普通であると思ってしまう傾向がありますが、様々な国で色々な人を見たり聞いたりした経験から言えることは、「普通なんてない」ということです。

 

このようなことをしっかりと系統立てて教えてくれる場所は、実は少ないです。

現代は核家族化が進んでいたり、過疎化が進んでいるため、子供の頃の家庭の環境にあまりにも大きく依存していると言わざるをえません。

そのため、書籍を通じて学ぶことが最も効率がいいと考えています。

私は、大学時代の時に「読書」にはまって、「人間関係の作り方、リーダーシップ、マネジメント」などについて学びました。

その経験から、知識として知っておくと得することは世の中には多いと断言できます。

そして、それはものすごく簡単に手に入って、2時間くらいの読書でわかることです。

とはいえ、どんな本を読んだらいいのかわからないって方がいると思いますので、次回の記事で私のおすすめ書籍をまとめます。

まとめ:自己投資についてわかっていただけましたか?

現在、私自身も成長途中で自己投資の重要性が少しずつ理解できてきている段階です。

また、今回自己投資の機会として、多くの人に自分が学んだことを伝えたいと考え、情報発信を続けています。

ぜひ皆さんも、後悔しない生活を送っていくために、自己投資を積極的に行ってください。

最後まで読んでいただき本当にありがとうございました。