マインドフルネスを意識してみた!その効果がやばすぎる。瞑想だけじゃないよ

どーも、もっち〜(@himanarikei)です。

マインドフルネスってご存知ですか?

この考え方が出きれば、人生はどんどん簡単に好転していく方法です。

最近は、google社を中心に、一流企業で「マインドフルネス瞑想」を活用しているようです。

 

この知識は一生使えると考えています。

とはいえ、結構難しい概念なので授業のように、簡単に説明していきますね!!

 

ではマインドフルネスをざっくり紹介します。

● 「気づく」ということ

● 自分自身・自分のことを知ること

● 感情や情動を受け止める、抵抗しない

 

● 「気づく」ということ

 

マインドフルネスとは、自分自身の行動や感情に気づくことが重要な概念になっています。

私たちは、習慣をもとにして生きているため、なかなか何を考えているのか、どう思っているのか、何をしているのかということすら気づいていないことが多いです。

 

それに気づくということがマインドフルネスです。

この概念は、マインドブラインドネスについて知るとよくわかります。

 

例えば、TVやスマホを見ながら食事をしているとしましょう。

そうしてしまうと、複数のことに注意が散漫してしまい、マインドブラインドネスになってしまいます。

 

そうではなく、食事をする場合はどんな色あいなのか、どんな味がするのかを100%本気で考えるということです。

1つ1つの行動に対して、本気で考える。

五感をフル活用することを意識します。

 

イメージで言うと、新しいことを始める子供のような感覚を意識してみてください。

今生きている世界をさらに、くっきり見つめることができます。

これを「ハイパーリアリティ」といいます。

 

つまり、マインドフルネスとは「ハイパーリアリティ」を感じ続けていくこと言えます。

そのための、障害となってくるのが「スマートフォン」です。

 

人間の大きな欲求の一つに、「人とつながりたい」というものがあります。

そのため「SNS」を象徴するスマホは、人間の集中力を奪ってしまい、マインドブラインドネスに引っ張っていってしまいます。

 

そうならないようにしていることが重要ですね。

 

● 自分自身・自分のことを知ること

 

さて、自分の行動を「ハイパーリアリティ」で見れるようになってくると、自分自身のことについて考えることが増えてきます。

そうなってくると、自分が何をしたいのかどうしたいのか、など深い考え(自己の価値観)が見えてきます。

 

え?

いきなりそんな事起こらないよ。

っていう方はぜひ、「マインドフルネス瞑想」を行ってください。

 

これめっちゃ簡単です。

イメージは背筋を伸ばして座って、4秒吸って8秒で吐く呼吸を5分間続けるだけです。

そうするだけで、頭の中に様々な思考が駆け巡っていきます。

 

きっと今まではそれぞれに反応していたと思いますが、5分間反応をしないことをトレーニングするだけでかなり変わってきます。

 

さて、マインドフルネスの話に戻ります。

1つ1つに集中していると、だんだんと「感情や情動」にも注目できるようになっていきます。

これが、いい段階ですね。

そうなったら、自分自身を外側から見つめらるようになっていきます。

 

● 感情や情動を受け止める、抵抗しない

 

さて、感情や情動に関してですが、例えばイラっとした場合を想定してみましょう。

仕事をして部下、後輩を持つようになると、怒ってはいけない・叱らないといけない。

 

とのことを言われることがあります。

しかし、自分自身の感情を否定してしまったり、抑圧してしまうことはとてもストレスになってしまいます。

そのため、その怒りの感情を「受け止める、受け入れる」ことを行いましょう。

 

まずは、自分の感情や情動に「マインドフルネス」になって、100%感じます。

とはいえ、その勢いで行動はしません。

イラっとしたとしても、怒りをそのまま相手にぶつけるのではなく、ここで「アサーティブ」に主張します。

え、知ってる?コミュニケーション能力が向上する、みんなが知らない自己表現法。

 

これができるようになるだけで、大分違いますのでぜひぜひ実践しててみてください。

また、これを意識して行っていると、コミュニケーション能力だけでなく、自分がどのような価値観を持っているのかがかなり明確になりやすいです。

 

私の例ですと、上司から期日を言われないで仕事を与えられて、急にまだできていないの?

っと聞かれたときに、とてもイラついてしまいました。

 

ここから、仕事を与える場合には相手には明確に伝えることが当たり前であって、上司だからと言って力を使うことを嫌っているということがわかりました。

確かに後輩に対しても、なるべく上下関係はなく、「横の関係」を作ろうと考えて行動していたので、違う行動をされた場合にイラっとしてしまうのだぁ。

っと気づくことができました。

 

しかし、自分自身の価値観が明確になるのとともに、「横の関係」を作ろうとしているために怒ったと思えたため、私の中ではいい気付きになりました。

そのように、何かを大切にしている。それを侵食されそうになった時に、感情が動くことが多いでしょう。

 

特に「怒り」の感情はわかりやすいと思うので、怒りが出てきたらチャンスと思ってあなた自身の価値観を明確にしてみましょう。

急に「価値観って何ですか?」って聞かれるよりも、

「怒りを感じた時とその理由は?」っている質問のほうが答えやすいですからね。

 

まとめ

 

いかがだったでしょうか?

マインドフルネスについてわかっていただけたでしょうか?

私自身学習しながら実践している身なので、間違っていることがあったり気になることがあればぜひぜひコメントしてください!!

最後まで読んでいただいてありがとうございました。