【セルフイメージ】お金を増やす・稼ぐには!「○○」しかない。あなたには価値がある

どーも、もっち〜(@himanarikei)です。

お金の増やし方ご存知ですか?

実はお金の増やし方、減らない方法ってかなり簡単です。

 

でも、できていない人が多い。

今回はそんな方法をお伝えします!

結論から言うと「受けとっていい・あなた自身に与えていい」ということです!!

 

え?

何言ってるの?っていう人ほど読んでほしい。

 

物をもらうことや、与えることについて考えてみましょう。
お金もちになるために、ものすごく重要な要素です。
「メンタル」的な内容です。

そういう内容が嫌いな人は、絶対に読まないでくださいね!!笑

 

ポイントをざっくりいいます

 自分の価値をどう思っていますか?

これが自分自身のイメージですね。

● 存在するという価値

努力という観念ではなく、生きているという価値をもって生きる

● 好きなところに行ってもいいという、テレビの企画

遠くに行きたいといった人は実は・・・。

 

あなたは、自分にどれくらいの価値があると思っていますか?

 

学生の人は、まだ稼いだ経験があまりないかもしれですね?

でも、アルバイトの経験はあるのではないでしょうか?

 

しかし漠然とこんな風に考えていませんか?

「平均年収ぐらい稼げるかなぁ」って・・・。

どうですか?

 

社会人の方は、現在稼いでいる額をイメージするかもしれませんし、
「年収1000万円」というような明確なイメージを持っているかもしれません。

ただし、その額に対して「しっくり」きますか?

 

私もそうなのですが、実際には今現在の収入より2割増しぐらいの状態でないと、
イメージしにくいのではないでしょうか?

 

お笑い芸人の世界ではこのような話が言われているようです。

売れるようになる前に高い物件に引っ越してしまえ。

そうすると、びっくりするぐらい仕事が舞い込んできて、

そこに普通に住むことができるようになる。という逸話です。

 

これも、迷信と片付けてしまえばそれまでなのですが、

この話には、2つの側面が隠れています。

1つは、高い物件に住んでいるからこそ、稼がないといけないという「切迫感」を持つこと

もう1つは、今までよりも「セルフイメージ」が変わり、

お金が舞い込んでくるようなチャンスに気づきやすくなった。という2つの側面です。

 

今の生活や、その範囲付近にいることがとても落ち着いていけます。

人間には「恒常性維持(ホメオスタシス)」という性質があるため、

いつもと同じ状態でいることがとても安心するようにできています。

 

あなた自身がしっくりくる場所が「セルフイメージ」の範囲であるといえます。

それ以上の世界というのは、想像する範囲であって、もはや現実味を帯びて考えることができません。

 

そのため、遠い話となってしまい、実感を持つことができなくなってしまいます。

ここが、普通の人がお金持ちになれない大きな理由です。

 

つまり逆に考えると、

このセルフイメージを「変えること」さえできれば、

お金持ちになってしまうのです!!

そうです、あなたを大きく変える可能性を秘めています。

 

 

お金については、まだ私の中では実感は少ないのですが、

こういった周りの人々の人間性の向上を目の当たりにしていると、

「セルフイメージ」の重要性はいやって程身に染みています。

 

そして、最近読んだ本の中で、面白い考えがありました。

これは、多くの人に知っていただきたい知識なので、ここで紹介しますね。

 

存在価値

という考え方です。

これは、「性格リフォーム心理カウンセラー」の心屋仁之助さんが提唱している考え方です。

詳しくは、

『一生お金に困らない生き方』著: 心屋仁之助

をご覧ください。めちゃめちゃおすすめです。

特に「がんばっても頑張ってもお金がたまらない人」読んでほしいです。

 

この中に出てくる内容の「存在価値」紹介をします。

努力していること、競争に勝つことに価値を置いている「競争主義」の考え方

に私たちは支配されています。

 

お金を欲しかったら、もっとがんばる。もっと働く。そう考えてしまいませんか?

あたりまえだろ?って言われてしまいそうですね。

この考え方、実はおかしいですよ。がんばらなくたって、いいんですよ。

ということを教えてくれます。

 

あなたは生きているだけで、価値があります。

そうです、がんばらなくたって、生きているだけでものすごく人を幸せにしているんです。

だから、お金をいっぱいいっぱいもらっていいんです。

え?それってずるいじゃん。って思ってしまう人は、「競争社会」の考え方にどっぷり

つかってしまっています。

これは、日本の教育の大きな問題ですね。

 

アメリカでこんな調査を行いました。

「いきなり1ドルを渡したときにどんな人が受け取って、どんな人が拒否するか」

 

すると、お金を受け取った人の平均年収は高く(お金持ちが多く)

お金を受け取らなかった人の平均年収は少なかったという結果が出ました。

 

これ、意外だと思いませんか?

「お金持ち」になれる、なっている人は「受け取る」ということががとても上手だと、推測できます。しかも、うれしそうに喜んでくれるんです。

そうすると、また渡したくなる。そのような受け取る流れができ上がっています。

 

さて、あなたは急にお金をもらった時に「子どものように、喜べるでしょうか?」

子どもは100円をもらっても、お菓子やジュースが買えるということでものすごく

喜んでくれます。その気持ちを忘れてしまっていませんか?

 

受け取り上手になれていますか?

お金持ちになるには「受け取ること」これは外せない要素ですからね。

 

好きなところに行っていいという、テレビ番組の企画

あるテレビ番組で、

「好きなところに連れて行ってあげる。

どこでもいいので行きたいところを伝えてください」という企画がありました。

 

され、あなたならどこに行きますか?

どこに行きたいといいますか?

 

これは意外な結果が出ました。

ほとんどの人が「現在地から4時間」程度で行けるところを選んだのです。

8割ぐらいの人たちがそう答えたようです。

 

2割ぐらいの人は「北極に行きたい。」のように

明確に「行きたいところ」を伝えきれたようです。

そしてそこに連れて行ってもらったようです。

そうすると、意外なことが起きました。

現在地から4時間程度を選んだほとんどの人は、

「遠くに行きたいといった人」に対して嫉妬していたようです。

 

つまり、自分たちもそうしたかったのに、そうしたいといえなかったのです。

これが、セルフイメージとものすごく大きな関係があります。

自分の中で限界を設けてしまうせいで、本当にやりたいことを見えないようにしてしまっているということです。しかも、他人に対して嫉妬してしまうというおまけもついています・・・。

 

「自分の本当にやりたいこと、したいことをわかっていない」

それにも関わらず、他人に対しては「ずるい」という感覚を持ってしまうということです。

これって、なんか変じゃないですか?

 

その状態から抜け出すには、どうすればいいのでしょうか?

これには、

● 自分自身をよく知ること

● 恥ずかしがらす、自分の欲に正直になること

● 周りの人の豊かさを尊敬・尊重すること

などがあげられるでしょう。

 

あなたはこれらができていますか?

どうですか?

ナンパ界隈で「月〇〇即」の報告をTwitterで見るたびどうでしたか?

 

私は、最後の他人の豊かさを嫉妬しないで尊敬・尊重することがいまだに苦手ですね。

なんとなくずるい気がしてしまう。

それが心の奥底に引っかかっているということがいけないのかもしれませんね。

ただ、意識しながら生きていることで、少しずつ改良されてきています。

 

まとめ

人からもらえるものを、ありがたく受け取れるようにしましょう。

できれば、「喜んでもらえる」ようになるといいですね。

 

「私にはもったいない。」

なんて言って、相手からの「好意」をもらわないという「失礼」なことがないように

していくことが大切ですね。

 

日本では「謙虚」という文化がありますが、その弊害も多いみたいですね。

 

あなたは、生きているだけでものすごく価値があります。

だって、あなたが今自殺したら、ものすごく悲しむ人がいますし、

「なんで気づけなかったんだろう」「どうして、死んじゃったんだろう」

っと思ってくれる人が、たくさんいます。本当ですよ。

 

だからこそ、生きているだけでもっともっと「受け取っていい」んです。

その権利があるので、自分で自分を苦しめないようにしましょうね。

 

最後まで読んでいただき本当にありがとうございました。